このページの先頭へ

留学のご案内

将来の可能性を広げよう!
MIZUICHIの留学

高校時代に経験する海外の生活や文化は、柔軟な感受性を刺激し、広い視野を育てます。語学の習得はもちろん、さまざまな価値観を知ることで、将来への可能性も広げてくれます。水沢一高では、台湾やカナダなどの高校と提携し、留学を積極的に推進。研修費用の補助や日常会話の講習などを通じ、生徒の留学をサポートしています。

カナダ、台湾と提携

 2013年から、カナダとの交流事業が本格的にスタート。毎年5人位の留学生を派遣しています。留学前からホストファミリーとコミュニケーションを取り、留学に備えます。
 2016年5月には、大理高校の生徒5名が2週間の日程で水沢一高に留学。水沢一高生の自宅にホームステイしながら、学校行事などを共に楽しみました。2017年1月には4名の水沢一高生が台湾へ留学。2018年2月にも台湾を訪問し、5月には5人の生徒を迎えています。

ネイティブスピーカーを交えた会話講習

 現在、英語と中国語とフランス語の会話講習を実施。コミュニケーション力を育むことを目的に、授業とはまた一味違うフレンドリーな雰囲気のなかで行われます。日常生活により近い語学学習で、留学に備えます。

体験Report【短期留学】

異文化の思い出が今後の力に

 留学しようと思ったのは、異文化に触れて価値観や視野を広げたかったからです。ホストファミリーとの映画鑑賞や、日曜日の教会でのお祈りなど、思い出は尽きません。学校では日本語、英語、数学、理科、美術、パソコンの授業を受けましたが、先生の話す英語が早くて、聞きとるのに苦労しました。
 留学中は、単語やジェスチャーで理解し合える場面が多くありました。自信を持って外国人とコミュニケーションをとり、物事を多面的に見る力を養いたいです。

普通科2年
新田 涼音さん
(水沢南中学校出身)

留学先:カナダ Richmond Secondary School
期間:2018年2月(14日間)

英語が通じるたび自信がわきました

 今まで学んだ英語力を試してみたい、海外の人と交流してみたい、自分の価値観が変わる経験ができたらおもしろいと思い、留学を決めました。最初の数日間はあまり話せませんでしたが、思い切って自分から話してみたら周りが興味を持ってくれて、楽しく過ごせました。
 単語さえ出れば、自分の意思を伝えたり、相手の言うことを理解したりできると、留学して分かりました。コミュニケーション力を磨くため、まずは英単語のマスターに力を入れていきます。

普通科2年
及川 理乃さん
(水沢南中学校出身)

留学先:カナダ Richmond Secondary School
期間:2018年2月(14日間)

将来の夢に近づける留学体験

 将来の夢は、外国語に関係する仕事に就くことです。そこで、英語で外国人と会話をしてみたいと思い、留学を希望しました。台湾ではランタンに願い事を書いて空へ飛ばす「ランタンあげ」や、幻想的な九份の街並みが印象に残っています。ホームステイ先のお母さんが、滞在最終日に作ってくれたカレーライスもおいしかったです。
 台湾に行ってから、ますます英語が好きになりました。もっと勉強して、英語をしっかり話せるようになりたいです。

普通科2年
阿部 美月さん
(小山中学校出身)

留学先:台湾 台北市大理高校
期間:2017年12月(13日間)

海外に行ったことで大きく成長

 台湾留学に挑戦した理由は、日本との違いを体感してみたかったことと、外国の人とのコミュニケーションに欠かせない英語を少しでも上達させたいと思ったからです。現地に行ってみて、異文化に触れることができた一方で、もっと英語が話せていたらと悔やむこともありました。
 帰国してから、日本以外の国について知りたいという思いは以前より強くなり、英語を勉強する意欲も向上したと思います。将来の選択肢も増え、とてもいい経験になりました。

普通科2年
稲葉 奈央さん
(水沢南中学校出身)

留学先:台湾 台北市大理高校
期間:2017年12月(13日間)