このページの先頭へ

調理科

食のプロフェッショナル「調理師」を目指して。
技と知識、そして心を学び、確かな未来へ!

1学年定員35名

県南地域で唯一の調理師養成施設です。
卒業と同時に調理師免許が取得できます。調理の基礎から学ぶことができ、調理師として必要な心構えと確かな技術をしっかり身につけます。

ココが強み!

  1. 3年間学び、卒業時には調理師免許が取得できる!
  2. プロから学ぶ調理実習やインターンシップで実践経験が養える!
  3. 先生の丁寧な指導で、初めて包丁を使う人でも安心!

高校生からレベルの高い授業を受けられます

テーブルマナー

美味しく食事が楽しめるように、和・洋・中の各国の食事マナーを身につける授業です。

総合調理実習

メニューを自分で考え、限られた時間で100人程度の給食を作る実習を行います。

栄養

栄養の特性や機能について、特に、食品・栄養と健康の関わりを学びます。

食品衛生

調理する上での食品の取り扱い方などの衛生面を身につけることができます。

みずいちボイス

在校生の声

調理科2年 小野 桜さん
(若柳中学校出身)

 調理科では実習や専門科目の授業に加えて、校外でのマナー教室も行っています。1年生の時は和食レストランでおいしい料理をいただき、実践的なマナーの勉強をしました。自分が興味を持っている「食」について、総合的に理解を深められるのがうれしいです。
 3年間を通して調理の技術や知識を学び、卒業時に取得できる調理師免許は、自分にとって大きな強みになると思います。この資格を活かした仕事に就くことが私の目標です。

調理科2年 千田 亮汰さん
(水沢南中学校出身)

 調理科では、実習で経験を積むだけでなく、授業で衛生や栄養、食文化、食品の扱い方を学ぶことができるので、料理の技術と専門知識を総合的に身につけることができます。
 一番の魅力は、調理師免許を取得できること。料理関係の職業に就くことを希望している人にとっては、とても有利だと思います。それ以外の道に進んだとしても、水沢一高で学んだことや、その成果として得た調理師免許は、いろいろな場面で役立つと思います。

先生の声

栄養学・調理実習・家庭基礎担当
佐藤 杏夏先生

 調理科の大きな特色は、卒業時に調理師免許が取得できることです。調理実習では、外部講師である和食・洋食・中華・菓子のプロから直接指導を受けることができ、高度な技能を間近で見られ、調理の知識や技術をしっかりと身につけられます。また、調理コンクールや各種イベントへの参加も積極的に行い、実力を確認したり、評価を得る機会となっています。
 進路は就職だけでなく、調理・栄養学校または、保育や介護関係の学校などへの進学もあります。3年間で基礎的技能と素養を育み、夢を実現してほしいです。

3年間のカリキュラム

調理の専門科目を3年間学び、所定の単位取得で、卒業時には調理師免許取得!
【一般科目】
◎国語総合 ◎数学Ⅰ ◎現代社会 など
【調理師養成施設の専門科目】
◎食文化 ◎栄養 ◎公衆衛生 ◎食品衛生 など
1年生
調理の基礎について学びます。
【実習内容】
●炊飯や野菜の切り方等基本技術 
●和・洋・中の基礎 
●食事マナー教室(和食)
2年生
1年生で学んだことを活かしてレベルアップ
【実習内容】
●西洋料理や日本料理を中心に基礎から応用まで 
●食事マナー教室(洋食) 
●ソーセージ教室やジュース作製 など
3年生
今まで学んできたことを活かし、本格的な実習を行います。
【実習内容】
●中国料理や日本料理を中心に、献立作成から供応食(おもてなし料理)まで 
●プロの専門調理師による授業 
●食事マナー教室(中華)
卒業
卒業と同時に調理師免許取得!
【目指す進路】
●短大・大学 
●専門学校 
●就職